FC2ブログ
プロフィール

ナツキ

Author:ナツキ
プレイステーション大好き!

最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「LED電球が寿命より前に切れた」との相談が相次ぐ、調べたところ欠陥が明らかに

2016/02/25 15:31:10 | 雑談・その他の話 | コメント:0件

LED電球 故障 欠陥に関連した画像-01
LED電球「10年もつ」に疑問の声 「また切れた」の声続出の理由とは (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

LED電球は本当に長寿命なのか――。「10年もつ」との触れ込みで登場し、ここ最近で急速に普及した次世代の照明器具をめぐり、こんな「疑惑」がネットで注目を集めています。

高い省電力性能と「4万時間」ともいわれる長寿命がウリのはずが、ネット上で「買ったばかりなのにLED電球が切れた」との報告が相次いでいるのです。

LED電球の寿命への疑問について注目を集めるきっかけとなったのは、都内のある家電店のオーナーが2016年2月19日に更新したブログ記事です。

ブログでは、点灯しなくなった「大手メーカー」のLED電球を分解し、故障の原因を調べています。各部品をチェックした結果、電球の発光部には問題がなかったが、基盤部分の「電解コンデンサー」というパーツが熱で故障していましました。

続けて、LED電球が点かなくなる原因のほとんどが基盤部分の故障にあるといい、一部の製品には「欠陥があります」と指摘しています。

実は、同様の指摘は海外のLEDメーカーからも上がっています。高級LED照明を専門に扱う「ジェイクダイソンライト」のジェイクダイソン社長は15年6月、日本の家電サイトのインタビューで、「LED電球が長寿命というのは誤った情報です」と断言。日本で販売されているLED電球のほとんどが放熱能力に課題を抱えており、「4万時間もの寿命があるとは思えない」と分析しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。